深海展&マリモ展  を見る


皆様こんばんは。のなゆう総裁です。

夏のイベントもひととおり終了しました。ご協力いただいた皆様、参加いただいた皆様、あらためて御礼申し上げます。

さて、なにやら、妙なところでマニアックな我が娘。前年度の深海魚展に飽きたらず、今年は上野の科学博物館にて開催中の「深海」展に連れて行けと。

科学知識を深めるには最高の国内随一の博物館。さぞ、深海の知識が深まるのであろうが、既に高校生なので一人で行けばよろしかろうと、言ったところ、ツレがほしいらしい。

こんなマニアックな博物館の展示では付き合う者もおらず、マニアック加減では引けを取らない父に白羽の矢が立つことになった。

ならばと、調べるとなんと!「マリモ」展も同時開催中!これは行かねばならぬ。何を隠そう私はマリモ好きでもあるのだ。

早速、出発! 

我が家の近くには高速バスの停留所もあるが、宗教上の理由により鉄道。

浜金谷駅で下車。窓口に懐かしい顔があったので、挨拶!

窓口氏「今日はどちらへ?」

のな 「これから東京へ行くので船にのります」

窓口氏「それはまあ、えらい遠回りな」

のな「まあ、船は旅の気分も高揚しますゆえ」

窓口氏「お気をつけて・・・・」

まあ、窓口氏にとどまらず、こんなルートは酔狂極まりない。

まあ、狭い浜金谷の港でよく回頭するものだ。青函連絡船を思い出す。こちら東京湾は補助汽船タグボート無し。実に器用に回り出船に据え付けた。

やがて、バウスラスターも始動、舫いも解かれ出航!

船内で朝飯として、対岸の海軍カレーパンとペリーサイダー、焼そばで済ませる。船上飯は旨さ三割増!

バスでは、他人の飲食に露骨にイヤな顔をするヤツが多く、文化の違いとしか言いようがない。とても友好関係が構築できる気配がしない。

今日は「東京湾」としては台風の影響で波が高い。冬の津軽海峡からすれば「屁」のような波だ。

久里浜発の船とすれ違う。昔はデッキで手を振りあったりした。知り合いでもないが、何となく皆やっていたような記憶がある。

久里浜からは社線ではなく、省線にのる。

スカ線から東海道本線、東北本線へ。そしていともあっさり上野まで移動

上野駅構内には、最近いろいろ店がある。上野駅のみならず、至るところ構内店だらけ、まあ、商売に何かとアシカセのあった国鉄と違い、大いに商売すればよろしかろう。

ただし、鉄道の第一の商品はダイヤですよ。忘れること無かれ!

洋食屋でオムライス、ハンバークを食し、いよいよ科学博物館に向かう。

来客全てが深海マニアでもないのだろうが、入場券を購入し入場するまでに三十分を要した。台風の影響がなければ、凄まじいことになった所だろう。

深海とは人類最後のフロンティアだろう。未知なる点がまだまだ多く、研究の余地は大いにある。

よく見かける、水圧で潰されるブタメン(笑)

ホウライエソ。既に異形なものたち。

なんだか、適当な名前のような気もするが


 いろいろな深海魚標本

はい!出ましたダイオウイカ! 


下町工場で、作っているらしい。恐るべき技術力!

シロウリガイは南房総でも化石が地表でみることができたりするよ

東北大震災の震央の地質サンプル。海面下6000メートル以上の海底から、さらに800メートルの地点から採取された実物。

研究が進むことを切に願う!

 調査船。この形で完成形(笑)

海底エネルギーのひとつ、石炭!  いまでも釧路で採炭が続けられている。

「地球がある限り燃え続ける大平洋の海底炭」

がキャッチコピーだった。覚えているかなあ。

深海生物の発光を応用した、「光る花」(右側)

海底調査船の内部。なんだかメカに囲まれる、ちょっと前の松本零士のマンガにありそうな空間。
これで、深海展はおしまい。お土産コーナーにはこんなのも(笑)

柱状節理とか、枕状溶岩とか、どんな菓子なんだろう(笑)

 ダイオウイカやダイオウグソクムシとか(笑)
さて第二部「マリモ」展

素晴らしい!

 素晴らしい企画!なんという俺得!

この、干からびた丸いヤツが、マリモ発見に繋がった貴重な資料

 私のバイブル的文献では別種のフトヒメマリモだったが、いまではマリモの同種(ありゃりゃ)

同じくカラフトマリモも、いまや同種

アイスランドのミーヴァトン湖にも、マリモがと聞いていたが、既に絶滅!

遺伝子研究により、マリモ日本起源説が主力らしい。

美しいマリモ!素晴らしい!

マリモ断面!これは貴重な展示

中沢博士の回転式培養装置(実物)

これは素晴らしい展示

かつて、某所で、ベッセマー転炉を見た際なみに感動かつ興奮した。

貴重な文献資料の中に、私のバイブル的マリモ本も!

 のなゆう蔵書

この、本が出版されて30年

研究が更に進展したが、中沢博士は亡くなっていた。

 先生曰く

「マリモの成長に比べれば、われわれ人間の一生はあまりに短い。」

マリモ発見者!
素晴らしいマリモ展を見学したあたりで、時間いっぱい。マリモの成長のみならず、われわれの一日もまた、短い。

ハチ公と、

南極犬 ジロに挨拶

 建物外で、もう一人挨拶(笑)

夕闇迫る上野駅の美しいシルエット

まずは、秋田回りの津軽、東北本線経由、八甲田、能登、妙高、天の川、ばんだい、北陸、北星、新星、まだまだ書ききれない

いまじゃ上野も

寂しくなりましたね。

この、麦わら帽子のオッサン。デッサンが間違ってるところがありますが、知ってる?

このあと、娘がネコカフェーに行きたいとのたまうので、ネコカフェーに。

ネコの女給さんはいません。ネコだらけでした。

ただ、ガラス越しに上野駅が。いくら眺めてもギンギラしか来ません。

  ゆうづる、はくつるでも見えますか?

ギンギラしか来ないにゃん

盗っ人みたいなヤツが居たので

 すっかり娘は、ネコにはまったのでマンガでヒマ潰し

意外とオッサンがソロで来たり、外人ご一行が来たり繁盛してました

御約束の駅弁。

マニアックな一日でした。
オマケ

広告
カテゴリー: のなゆう総裁 談話室, 趣味 | タグ: , , , , , , | 4件のコメント

今年も開催 2017(日本国有)鉄道まつり


皆様こんばんは。のなゆう総裁です。

さて、今年も開催された、(日本国有)鉄道まつり。会場レポです。

まず、暑い。なにより、コレ見てやってください!

うそみたいだろ、午前中なんだぜ!

初日、前夜祭。夜行列車運転会

なんだか、よくわからないですが、プラレールコーナーです。とにかく楽しそうです(笑)

ひたすら、夜行列車

ラインナップはこんな感じ

 いいですね~

N場氏の奮闘により、あさかぜ~北斗星(後藤さんですよ)奇しくも、ブルトレの胎動から終焉までを表せました。

ありがとうございます・・・

楽しいですね・・・

カッコいいですね後藤さん・・・・

そして、オッサンたちは、今宵の宿へ車庫入り

「明日から頑張ればいい・・・・・」

班長「キンキンに冷えた焼きとりと、ホッカホカのビール・・・・」

・・・

班長「失礼!キンキンに冷えたビールと。ホッカホカの焼きとり・・・」

こうして、オッサンどもの地下工場の夜は更けて行きました(笑)

さて、翌日。

翌日も御子様カオスな、プラレールコーナー(笑)

朝も早くからお疲れ様です。

交通博物館風、解説運転。

ちょっとうまく行かない場面も。反省しよう。

御子様に体験させる、のなゆう鉄道新線。

両側通路だったから御子様達から、二正面攻撃を受け、かなり疲労する。地面を動かされ無残に脱線も発生

ここで更換工事で夜業明けの「菜っ葉氏」が登場。早速「指導気動車運転士」として発令、着任してもらいました。

菜っ葉氏ありがとうございます!

その他の展示など。

盛夏服着用体験コーナー。今年は大きなお友達用にも対応しました。

一日の終りのプラレールコーナー(笑)

ついに鉄道公安官はフル装備(笑)

国鉄まつりの、御神体達(笑)

意外と大好評、ぬり絵コーナー(笑)

 触らないで表示もガタガタになりながらも体験を続けました。

午後から、タテエチが登場!皆様にちょっぴりプレゼント!

お客さま大喜び!

またまた、本職の方に体験してもらいました。(笑)

今年の入場者数は

前夜祭150 二日目330で、480名

なんとまあ!
ご来場の方、ご協力いただいたみなさん。本当にありがとうございました。

カテゴリー: のなゆう総裁 談話室 | タグ: , , , , , | コメントをどうぞ

国鉄の匂い懐かし鉄博に その残り香を、確めん 3(終)


皆様こんばんは。のなゆう総裁です。

そろそろお昼だね~。
食堂車では、皆様のお越しをお待ちしております(笑)

ばあちゃん。むかし、おおぞら号で食べたハンバーグ定食。美味しかったね・・・・

・゜・(つД`)・゜・

さて、もう少し国鉄の匂いを探して見よう。

おぉーーい!こっち!こっち!

久しぶりなんだから、挨拶くらいしなさいよね(笑)

華はなくても国鉄コーナーだぞ!

EF55のショータイムだよ!おいで、おいで!

EF55大回転(笑)

 


   

いいねぇ 笛の音。泣かされるねぇ・・・・

さて、もう少し頑張って国鉄を探して見よう。

 公安さん!お疲れ様っす!

秋葉原時代の記憶を呼び覚ます、模型軍団!

 この展示は、邪教の刻印が制定された以降の展示だが、既に30年か・・・・・

このマークこそ剥がされていたが、国鉄自動車高速線崩れのオバQみたいな顔立ちのバスにJR北海道の時代でしたが、乗務したことがありました。

美しい日本と私

72系時代に、何となく乗車した記憶があります。

 聖板(笑)

もう少し秋葉原時代の記憶を呼び覚ますものたち

久しぶりに腰掛けた。遠い記憶がどんどんよみがえってくる。絶妙なフィット感(笑)

懐かしさで涙出そうだ(笑)

オヤジの職場を思い出す。マルタイはこのイメージなんですよ。

気象警告板の使い方(笑)

もう、帰るの? もっとゆっくりしていきなさいよ(笑)

秋葉原時代なら、もう一人挨拶するのを忘れないでね(笑)

さっきから外で待ってる人が居るよ!

僕。モックアップだから、来てくれないんじゃないかと、思ってました。

だって、のなゆう総裁が秋葉原で遊んでた頃はもっと大きいモックアップだったから・・・・

↓コレ! 当時の国鉄 星晃さんの優しさが泣けてくる。↓

サヨウナラ。また皆に会いにいくよ!

来年には、もっと大きくなるらしいです。
オマケ 大宮駅ラチ外でグッズ店を

かなりグラグラきたけどやめました。

こちらにもご挨拶

興味津々!新システム

さて、南房総(日本国有)鉄道まつりまで、あと少し。気合いいれるか!

カテゴリー: のなゆう総裁 談話室 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

国鉄の匂い懐かし鉄博に その残り香を、確めん 2


皆様こんばんは。のなゆう総裁です。

さて大宮駅に到着しました。早速、鉄道博物館へ移動

先ずは、

DSC_1152

やぁ! 久しぶり!

おや、今日は転車台から降りたんだ?

DSC_1151

 

はいは~い。今日の主役です。後程ショータイムがありますよ。また後程。

DSC_1165

 

今日は僕達に会いに来てくれたんだね!久しぶりだね。のなゆうさん。

なつかしや。感無量。

DSC_1164

もう、ここに来てから何年間たったかな。のなゆう総裁も、オッサンになったもんだ。越後湯沢で会ったときは、まだ可愛かったのにね(笑)

DSC_1163

お元気~?

上野小僧の頃からすると、すっかりオッサンになったもんだ。(笑)

DSC_1162

ちょっとは、ゆっくりしていきなさいよ!

上野小僧の頃からちっとも変わってないんだから(笑)

DSC_1154

んじゃとりあえず、ちょっと寄っていきますよ(笑)

DSC_1156

あぁ。このケツから腰にくる、絶妙なフィット感(笑)

DSC_1155

もう、新潟でも満足できないよ!もっと!

 

なら、もうちょっと別なコーナーも、挨拶していきなさいよ!待ってる人が居るよ!

はい。じゃ、移動ね。

DSC_1160

 

 

DSC_1153 ようこそ、のなゆう総裁! 歓迎するよ。

DSC_1157

あら、のなゆう総裁。久しぶり(笑)

DSC_1158

たまには寝て行くかい?52センチで。(笑)

DSC_1159ここは、いいよ~。一緒に寝るかい?空いてるよ(笑)

DSC_1161.JPG 今じゃピクトグラムからも引退しちまったよ(笑)

DSC_1166

模型パノラマも新装開店だから見でいきなよ!

DSC_1167

あぁ。だから言わんこっちゃない。キハ58しか知ってるヤツ出て来ないじゃないか。舐めてんのか!あぁん!

 

まあそんなに、怒りなさんな。短気は損気。禿げるぞ(笑)。ちょっと待ってて。

DSC_1170.JPG

やぁ!( *・ω・)ノ

DSC_1169.JPG

僕達、今日は本当は休みだけど、もう一回線路際に寄って見てよ!

DSC_1171.JPG

おおっ!

DSC_1172.JPG

さっきは、挨拶無しでごめんね~

子どもが、多いからギンギラな奴らにちょっと舞台を譲ってやったら、連中、すっかり主役気取りだよ。困った連中だよ。ハア。

もうちょっとだけ、サービスしまっせ!

奥の方も、見てよ!

DSC_1173正面から、ギンギラと新幹線好きには、見えないように機関区もあるんだからね。ちゃんと見てよ!

模型室の外で待ってる方がいますよ。

DSC_1176

今日は、ようこそいらっしゃい!

DSC_1177

模型パノラマの後ろで、アプト鉄道やってたんだけど気がついたかな?

まだまだ国鉄を感じてくださいね。お昼からも、まだまだ見てよね!(つづく)

カテゴリー: のなゆう総裁 談話室 | タグ: , , , , , , , | コメントをどうぞ

国鉄の匂い懐かし鉄博に その残り香を、確めん


皆様こんばんは。のなゆう総裁です

夏は大嫌いな季節。何にもしなくても汗が出る、最近はどこでも冷房弱い、どうも寒がりの意見ばかり尊重されて不愉快この上ない季節、いかがお過ごしでしょうか?

もしかして、南方戦線で戦死したご先祖様が発するメッセージ?

こんなことでカッカしてもしょうがないですね。反省。

さて、急に休みがぽっかり出来たので「鉄分補給」しました。

スジ見でチョロチョロ進みます。

わがホームステーションを始発で出発。浜金谷駅から東京湾フェリーに乗り換えて、一気に久里浜上陸!

気持ちいいね。船旅。省線ではなく社線の久里浜駅から出発!

その前に

 さて、品川からは省線で大宮駅へ向かうものの、ラーゲリからの緊急電報!

大宮操近くの新駅で下車してラーゲリに電話

のなゆう「大至急!ラーゲリを呼び出して!」

交換嬢 「長距離電は、しばらくお待ちください」

交換嬢 「はい。お繋ぎいたします」

のなゆう「もしも~し!緊急電を受電しました!何か事件発生しましたか!」

ラーゲリ「あ~いや、もう済んだ。悪かったね~ガチャン!ツ~ツ~ツ~」

ラーゲリ恐るべし
結局、次の電車は

回送

通過

通過

で、なかなか乗れない。

ホームにはセミがお亡くなりになっていました。

夏の終わり。もののあはれ。
そうして省線で、ひと駅

やっとこさで大宮駅に到着しました。

はあ。
 

 

カテゴリー: のなゆう総裁 談話室 | タグ: , , | コメントをどうぞ

君津 ミニ(日本国有)鉄道フェスティバル開催


みなさま、こんばんは。久しぶりの

のなゆう総裁です

 

さて、毎年恒例の君津市生涯学習センター主宰の

ミニ鉄道フェスティバルが開催されました。

実は最近まで、ミニ鉄道フェスティバルとは

小規模な鉄道まつり  =  ショボーイ

と勝手に想像してました。

ミニ鉄道はミニチュアの事ですよ

こんなこと思ってたのは、私以外にもいるでしょ?            いないな。

それはさておき、早速今年もやってみよう!ミニ鉄道フェスティバル❗️

でも、のなゆう部屋は、なんだか隔離病棟みたいな部屋。

まあ、気にせずやってみよう。一部の国鉄原理主義者が参拝してくれるなら。

DSC_1117.JPG

まずは、ラーメン食べて、気合を入れよう!でも汗だらけ!早くも気分ダウン

こうなれぱ、早期決戦による早期和平(笑)

一気に米海軍太平洋艦隊を壊滅させるしかありませんぞ!

まずは、陣地構築!

DSC_1126

DSC_1127

ほい。のなゆう鉄道新線設営完了!

次はグッズ展示!ボード出せ!足組め!

即刻、展示!、急げ!終わらんぞ!総裁早くしろ!

DSC_1124

気象警告板やら、サボやら、国鉄自動車やら、ウテシの時刻表やら

DSC_1125

まだやるんですか?

FB_IMG_1500109292788

内部はこんなもんだろう。

まだだ!まだ終わらんぞ!

DSC_1120

ついてに、コレも貼っておけ

スライド1

さて、そうこうしているうちに、さざなみ鉄道本線開通!

DSC_1118

この巨大ジオラマも、あとわずか。今度は南房総鉄道まつりが最後の全力展開です。

さて、高校生軍団も含め各自陣地構築が終わったようなので大休止

DSC_1121.JPG

ここで夕食後、のなゆうは一旦館山まで

回送マルヨ

DSC_1123.JPG

みんなの昼飯を岩井で受け取り、娘が演奏会用の黒ローファーを忘れたそうなので、靴を渡しに木更津駅に向かい、演奏会に間に合わない娘を回収し、学校で下ろし、今日の決戦会場へ!

(バルチック艦隊回航みたいにかなり消耗したぞ)

元部長による、きみぴょん号がシテンするところでした

DSC_1122

発車直後、車掌車から頭を出していた、きみぴょんはトンネル抗口に激突!

 

つ「車両限界

 

DSC_1128

プラレールコーナーは拡大して大人気スポット!

DSC_1129.JPG

HOゲージ体験コーナーも大人気❗️

DSC_1130

おや、あなた頭は大丈夫?変形しなかった?

DSC_1131

キミエチも盛夏服で登場!みなさんお疲れ様でした!

 

公民館のスタッフの皆様!高校生もボランティアも、君津駅スタッフの皆様、さざなみ鉄道倶楽部のみなさまもお疲れ様でした!

 

カテゴリー: のなゆう総裁 談話室 | タグ: , , , , , , | コメントをどうぞ

D51 498 内房線に来る


みなさまこんばんは。のなゆう総裁です

平成29年の1月に 春まだ浅い房総路を走り抜けたD51を追ってみました

1月11日 館山まで回送されてきたD51は早速 電留線でお休みとの

親切なお友達からの一報を聞きつけ 早速撮影に! この日は一人で夜間撮影会!

15940794_1646274859007019_1962293277717794909_n

15965372_1646274902340348_7209217444820412907_n

12系のJRマークに目をつぶれば国鉄の頃のような一枚

15977777_1646274885673683_381581839352641969_n

翌日も仕事帰りに 一人撮影会 同業者の姿なし

16003260_1646733122294526_6858893029194446963_n

公式側や

16105877_1646733215627850_8907039859805063004_n

正面からは非常に撮影困難 まあ 撮影者の為・・・そんなことまで考えていられませんね。

15894248_1646733165627855_7393647240782834791_n

1月13日からは火が入りました! あたりに薄っすら漂う石炭のキナ臭いにおい。

仕事帰りの アロマセラピー アロマでリラックス!((笑))15578635_1647126875588484_1432632102751655591_n

15966174_1647126902255148_4505002875228296580_n

16105683_1647126965588475_4624606600960022081_n

16105775_1647126918921813_5727795109483525432_n

1月14日は試運転の日 館山~勝浦間を一往復運転 D51は館山方を向いて連結!

ならば、この写真の個所へ出かけたい。

この写真は和田浦駅に長らく掲げられていた 和田浦駅利用者なら忘れられないソウルフルな写真。昭和25年撮影。(旧駅舎解体の際のドサクサで行方不明になっていたのですが、私が、大多喜の古道具屋で偶然発見しました もちろん 即買い 500円(笑))

15966219_1647359415565230_2607067426837119312_n

で、練習なぞ。

15978126_1647364332231405_9177032258569660203_n此奴にレンズ向けたのは初めてだな。サヨナラ運転でもやる時にはもう一枚くらい撮ってやっても・・・無いな。

此奴が通過した後から。あたりは雪に!

16002809_1647408788893626_8606109202378556044_n

15941503_1647408808893624_2119896428527945381_n

16002940_1647408835560288_2378162005953743241_n

15965234_1647408858893619_9043907161887662989_n

15978088_1647408895560282_5686442593164001302_n

雪空に汽笛をこだまさせ、白煙をたなびかせながら近づいてくる鉄馬!

日本人の琴線に触れる一瞬!

昭和25年

15966219_1647359415565230_2607067426837119312_n

昭和92年(笑)

15977213_1647779612189877_7862761590194155895_n

この日は、九重駅へ先回りして、館山行きの通過を見送ります。

スライドショーには JavaScript が必要です。

一本後の普通で追いかけて館山駅にて車庫入りの場面を

このあと、同行のN場氏とチクっと一杯やりに出かけました。

雪はこの後もやむことなく

15965116_1647510445550127_1987780431864259512_n

寒いわけですよ これは

九重駅みたいな無人駅にも、バッチリ凍結防止剤が撒いてありました 関係者の皆様 ありがとうございます!

15965145_1647725642195274_1786671731394051931_n

スライドショーには JavaScript が必要です。

DLを先頭に勝浦行きが通過いたしました。

今度は、千倉駅へ

到着後、すぐに点検!

試運転列車の乗車招待券をいただきましたので、ちょっと乗車気分のおすそ分け動画を

17021497_1665860530381785_8799357896624047913_n

16998899_1665860523715119_8240808115531194886_n

あっという間に千倉~館山間の乗車体験は終了 大変ありがとうございました!

もう一度、試運転勝浦行きを撮影したり

DEの入替などを見学 これであとは本番運転ですが、あいにくお仕事もあります。もういい加減撮影したので、最終日はお見送りいたしました。

IMG_1442.JPGIMG_1447.JPG

 

(嫁撮影 (笑))

フェイクニュースがはやっているようなので フェイクな機関士が現れたようです

一足先に、DE10が伴走車とD51を残して、帰りました。

16265552_1650788088555696_6430318902207198188_n

16195714_1650788098555695_2255500333930794018_n

16113993_1650788085222363_2741718083348020462_n

1月23日 回送を翌日に控え、いよいよ館山を去るとのことですので、最後にもう一度、ご挨拶をしてきました。

もう一度、DE10がお迎えにきました。

16195117_1651251538509351_7837418792492868942_n

もう、帰るってよ

16265339_1651251561842682_5341284138002042844_n

主連棒やクランクなどが外され、回送準備はできております

16142278_1651251511842687_4111651400122070506_n

16195096_1651251521842686_5033056452955751582_n

おてもやん じゃない後部標識で サヨウナラ また南房総に遊びに来てね!

カテゴリー: のなゆう総裁 談話室 | タグ: | コメントをどうぞ

会津若松一丁 ~ばんもの夜行列車モドキ~


みなさま こんばんは のなゆう総裁です

さて、いつしか立春を過ぎて季節は春へ向かっています。さて会津若松ですがトランプ大統領のおかげでプチバブルが訪れたN場氏のおごりで、会津牛なぞいただいた翌日は、チョットだけ観光。

「トランプ大統領 ゴチになりま~す」「イヨッ! 大統領!」

 

雪は相変わらず微塵もなし。その代りに深い朝霧の会津若松駅

 

15356665_1633009687000203_4119445184658175406_n.jpg

再び七日町駅へ

15337558_1633008407000331_8695280496308372461_n.jpg

七日町駅のすぐそばに阿弥陀寺というお寺があります。戊辰戦争の戦死者1300名あまりが葬られたというところ。

15380721_1633008277000344_576979421472807471_n

会津鶴ヶ城にあった御三階とよばれる建物 城内での重要会議を行ったそうです

15326572_1633008293667009_6348768340334384197_n

幕末の会津若松で繰り広げられた、新しい時代を迎えるための凄惨な歴史の一コマを見ました。

七日町駅へ戻ると、駅前に石碑がありました。なんでも請願駅だそうで、無人化した今でも駅舎を観光案内所とショップ、喫茶店ととにかく人の温かみのある駅にする というあたり、会津の人々の ならぬことはならぬのです という発露なのでしょうかね 素晴らしいです。

15338712_1633008340333671_6491602210855274322_n

南部14年式拳銃とか、蔵にあるんですか?会津では?

もしかしたら三八式歩兵銃とか、九九式短機関銃とかもあるんじゃないですか?

15400515_1633008393666999_4877178097122393014_n

さて、再び会津若松駅へもどります

会津若松に今なお残る美しい会津若松機関区の扇形機関庫 素晴らしい!

15327386_1633008490333656_5068024326764375237_n.jpg

山都駅へ到着いたしました。ここから20分くらい歩いて有名撮影地へ!

15492287_1633008650333640_4443462966292673183_n

一ノ戸川橋梁 にやってきました。美しい橋梁です。ボルチモアトラスの現存例は少ないので、橋梁マニア?にも人気なのだとか。 ここで場所取りを兼ねて一時間程度待ちます。

15391064_1633008580333647_886144627235031546_n

やがて

いいもんですね~  手持ち&機材がヘタレなので 雰囲気を楽しんでください。

 

さて、撮影後は腹もへったので やっぱりここを無視して通るわけにもいかず

15492241_1633008543666984_6224973071874590696_n

黄色い点字ブロックの反対側は 日中線 ホームの跡

15355782_1633008507000321_8960785972877313210_n

なんだかしらないけど、妙に懐かしい。かつて訪問したことがあったような気分になったのは、御幼少の頃に読んだ 「きょうだいきかんしゃ たろうとじろう」という本のおかげかもしれない。

昭和40年初頭ころの どこかの国鉄支線の話なのだが、C11が活躍して、ローカル線で、混合列車で、という設定が私の中では 「日中線」 ではないのかなあと。

15326356_1633008523666986_7604114739279808618_n

さて、ラチ外の街へ

やっぱりラーメンでしょう((笑))15390722_1633009043666934_3595648916974243413_n

奥 N澤氏 ラーメン 左 N場氏 チャーシューメン 右 のなゆう 大チャーシューメン

15391091_1633008740333631_475502321592263757_n

ノーマル(笑)なチャーシューメン

15284804_1633008677000304_933728806194678807_n

アブノーマルなチャーシューメン(笑)

さて、腹もくちくなったところで、喜多方駅へ戻り、ここで帰京を急ぐ両N氏を見送ろうとしたところ、会津若松方面へ戻る列車が出発した後。次の列車で、会津若松へ戻っても帰京時間は大して変わらず。 ならば・・・・

のなゆう 「こんどの新潟行き 2名空いてます?」

窓口氏  「ええ 空いてますよ」

ならばと、両N氏も目出度く?返しの クリスマストレインへ

後部の展望車では お子様たちのワンダーランド状態なのですが、しみじみと後ろを見ながら展望車を味わうことにいたしました。15094924_1633009163666922_4221586685410539078_n

15390865_1633009110333594_5360274898699911573_n

途中では、やっぱり点検などもやりますので、撮影タイムも取れます

日も暮れて、夜行列車みたいな雰囲気に

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

15338793_1633009227000249_8059986771484907349_n

やはりさすがは冬なので 蒸気がよい具合に撮影することができます。夏はこうはいかない。

往路と違って復路ではグリーン車展望車が機関車の次位につきます

15390736_1633009623666876_368798142179290581_n

15241414_1633009180333587_6467830872353698582_n

お子様カオスな後部展望車とは打って変わったこの雰囲気

15400929_1633009277000244_9113792804438814497_n

売店車には、こんなものも。 売れ残っていたので、みんなで食べちゃいました。

15442139_1633009723666866_5899704382066522802_n

せんべいになっても、人気ないとは流石 不人気絶滅危惧種特急

楽しい時間はあっという間に終わり、新潟駅へ到着。

 

新潟からは田中角栄のレガシーにのって東京へ。往路と同じくやることないので、弁当なぞ。

(移動のため「だけ」に乗る乗り物って、実感できるのって凄いね 一般乗客の気持ちがよくわかりますよ。 一刻も早く目的地へつれて、降ろしてくれって)

 

15356768_1633009637000208_6964988274466680881_n

15349581_1633009667000205_4978375097141974929_n

まあ、いろいろとありましたが、会津若松一丁 N場氏 N澤氏 いかがでしたか?

 

そうそう

私はあたらなかったけど、車内じゃんけんで勝つと

こんなものも、もらえるらしい。

15327516_1633007383667100_7854088079686807475_n

こんどは、鉄道模型の宿 やじさん でもいかがですかな?

会津若松一丁 おしまい。

 

 

カテゴリー: のなゆう総裁 談話室 | コメントをどうぞ

会津若松一丁(ならぬことはならぬのです)


みなさま今晩は のなゆう総裁です。

さて、またまた間が開いてしまい申し訳ありません。列車は会津若松駅に到着いたしました。ここで会津鉄道に乗り換えて会津田島へ向かうことにいたします。

15356690_1633007480333757_3800944305187975784_n

地元の皆様の歓迎 クリスマス合唱!素晴らしい歌声を披露していましたが、なにせ時間がない。実は会津線への乗り換えはあまり時間がなくこの中で、「ソースかつ弁当」を入手したかった!

15401080_1633007453667093_1932692246649141264_n

ゆるキャラも集合

 

日下「カメさん! あれ! アイツだ!」

亀井「ちょっとよろしいですか? オコ次郎さん。あなた新潟駅でお見送りしてませんでしたか?」

15350661_1633007507000421_8720828841420319268_n

オコ「・・・・・」

亀井「おかしいですね~ あなたクリスマストレインには、ご乗車になっていませんよね。」

日下「この列車を追い抜く列車はなかったのですがねえ 新潟にいたはずのオコ次郎さん」

オコ「知らねえな・・・ 人違いってヤツありませんか。 いま忙しいので・・・」

日下「カメさん まずは、この件を福島県警に連絡して、それとこの列車に乗ってみようか」

亀井「警部! 新潟県警から電送写真です!新潟駅での目撃写真が発見されました!」

15317757_1632999747001197_1754031884293996431_n

日下「さあ、オコ次郎さん・・・ アリバイが崩れましたね・・・・」

オコ「クッ! ・・・・ 」

日下「オコ次郎さん ご同行いただけますか 詳しいお話しをお伺いしますが」

%e3%81%ab%e3%81%9b

はいはい こんな番組ではありません。

結局、駅舎内の弁当売り場には ソースかつ弁当はありませんでした (´・ω・`)

なんとかして入手できないものか。ないといわれると余計に食べたい!

「ならぬことは ならぬのです」

15327499_1633007527000419_8083685798426144040_n

会津線の お座敷 展望トロッコ 座トロ号

15338637_1633007580333747_4114769657800364043_n

中はこんな感じ さあ発車します!

おお!そういえば途中で弁当積み込みができるような話があったぞ!

のなゆう 「途中で有名な牛乳屋食堂のソースかつ弁当が注文できるとか?」

アテンダント「できる列車は限定されます。当日ではできません」

「ならぬことは ならぬのです」

のなゆう「 (´・ω・`) 」

 

大人気だった「ばす駅長」は2016年4月22日の最終列車を発車させたあと死去されたので、「らぶ駅長」の勤務する芦ノ牧温泉駅へ。

良い感じのテコ小屋

15355568_1633007677000404_8137377849858754428_n

今日は非番だそうで、らぶ駅長は駅長室にはいませんでした 会いたいな~

「ならぬことは ならぬのです」

のなゆう「 (´・ω・`) 」

15355762_1633007827000389_744748412396835962_n

でも いまでも ばす駅長は会津鉄道を見守っているようです。

15400563_1633007793667059_4059806183847715245_n

先代のトロッコ列車 いまでは休憩室になっているようです

15349742_1633007760333729_5192691497900580583_n.jpg

では先を急ぎましょう

でも、よい景色の個所では座トロ号は徐行します。

15420820_1633007863667052_5911582170940307556_n

塔のへつり駅の前で徐行したので、白い岩が「塔のへつり」か?と思いましたが、全然違います。「塔のへつり」は列車からは見えないそうです。下車して観光しましょう。(今日はしません)

15442216_1633007980333707_3716749842898946153_n

途中の茅葺屋根の湯野上温泉駅

15355554_1633007930333712_643703458269788962_n

駅の中には「いろり」 なんとなくこんな駅でボーッとしながら汽車を待つなんて、最高の贅沢な時間の使い方なのかもしれません。

15391157_1633007877000384_8087569621452860213_n

途中、大川ダムにともなう線路付け替え区間などには長大トンネルがあるので、トロッコ車ではトンネル通過時に車内燈を消してこんなサービスも。ちょっと面白いね

15338647_1633007843667054_8615074984327949023_n

座トロ号は最後尾にちょっとした展望スペースがあります。 流れ去る車窓

本当は国鉄に入って車掌さんになるのが憧れだったから、最後尾からの風景は、車掌気分でちょっと楽しい。

15420766_1633007953667043_8600193121298308656_n

今回の座トロ号の終点 会津田島駅。 こんな山の中(失礼)には不似合いな大層ごりっぱな駅。ここまでは、浅草からの直通列車も来る。

15400323_1633008040333701_2500787288147982243_n

ちょっと奥会津には不思議な感じもする浅草からの直通列車! まだ ばす駅長がいたころに一回、浅草から乗車してみたけど、なかなか面白い乗車体験でした。

15401123_1633008073667031_4523798704926600773_n

さて会津田島にはさしたる用もないので、会津若松へと、もどります お宿の東横インで態勢を整えて、会津若松の一つとなり 七日町へ

現在、一部区間で不通になっている只見線。何回か乗車したが、最近では足が遠のいている。早く前線復旧した暁には、再訪せねばなるまい。 今日は一駅だけ乗ります。

15492077_1633008110333694_6818678668259234692_n

こころ休まるボックスシート。青モケットならいうことなしなのだが

15327492_1633008140333691_1711053646443468836_n

七日町駅で発見

米国カーネギーの古レール 1897?かな 日本の鉄道開業が1872で、初期なら双頭レールなので、平底レールとしては、かなり初期のレール

保線から入ったマニアックな人種なのでどうしても目が行く。

15338820_1633008163667022_4428611458704770320_n

夜の七日町駅。 情緒あふれるよい駅舎

15380741_1633008187000353_5297999074385247925_n

駅舎をでると、歴史ある会津の街と適度なハイカラさ加減がまた何とも言えない。よい雰囲気。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日の夕食会場「塩川問屋」問屋という名前だけど料理屋です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なんでも2.26事件にかかわる人物がいたこともあり、その部屋は「憂国の間」として現存するらしいです。見学希望は要問合せ。

のなゆう「見学できますか?」

店   「昼の間は公開することがありますが、夜は公開しません」

「ならぬことは ならぬのです」

のなゆう「 (´・ω・`) 」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この後、同行の2人と、夜の街へ繰り出し、チクっともう一杯。

N場氏は、夜の娘子軍との一戦に意欲を燃やしていましたが、朝早くから動き出している、のなゆうが眠くなるので、宿へ戻りました。

「ならぬことは ならぬのです」

N場氏「 (´・ω・`) 」

 

N場氏とN澤氏は宿で 西部警察 で盛り上がったようです。

519jsagtntl

夜中にミッドナイト大門

「全員撤退!」 

ドカーーーーン

ショットガン「バシュ バシュ」

東横インに響き渡る 銃撃戦の音と爆発音!

会津若松の夜は更けてゆくのでした。

・・・・まだ続きます・・・・

 

 

 

カテゴリー: のなゆう総裁 談話室 | タグ: , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

会津若松一丁!(会津若松までの道)


皆様こんばんは のなゆう総裁です

さて、12月にはお約束の行事がいくつかありますね。日本人なら忘れてはいけない「赤穂浪士討ち入り」所謂「忠臣蔵」 12月8日の「日米開戦」

そんな大きな行事に負けないほどの鉄イベント 「磐越西線 SLクリスマストレイン」の雪中運転

12月なので、運転日などは冬の臨時列車のプレスになります。たぶん運転するであろう前提で、鉄道模型倶楽部の面々に打診したところ2名の同行者を得ることができました。

この列車にのって、以前お話しした、翁島の「ペンションやじさん」へ行ってみようかという行程。

まずは、1か月前の発売日に新潟→会津若松のSL列車のグリーン車を申し込んだところ、落選。第2案のハザで向かうことに。これはチョット残念。グリーン専用展望デッキで新潟駅長の出発監視に答礼するという、イベントができないという寂しい事態。しかし、この事態にも関わらずオッサンどもは新潟へ出発することになりました。

朝っぱらの東京駅へ到着

15338864_1632999263667912_3353628945764737079_n

15492146_1632999283667910_264984787049014677_n

駅撮り しかもケツ打ちというまったくやる気のない写真から。とりあえず此奴に乗らなければ話が進まないので、乗ります。

15327520_1632999373667901_3676783151210924559_n

今日の万カツ は「中吉」まずまずですな

15327374_1632999390334566_1269225088343286902_n

越後湯沢で乗り換えます。ホームの温泉と石像 在来線181系「特急とき」、165系「急行佐渡」EF58+12系臨急「佐渡」で到着したころを思い出しました。

15319146_1632999420334563_4224598937904992384_n

階下の1階席なので窓の外の眺めはこんな感じ。発車するとすぐにU字溝の中みたいな雰囲気。まあこんなもんでしょうね。ここは旅というより「輸送」ですから

15327478_1632999447001227_8184551552727292308_n

新潟駅へ到着 すぐに在来線ホームへ急ごう!

15338643_1632999480334557_8925366048399054306_n

おっ! キナ臭いこの香と、シューッ という蒸気の音。

15337642_1632999513667887_3898854832804490410_n

いましたよ 今日の主役! 周りにはすでに人だかり。15492100_1632999630334542_3992156852376870871_n

15492201_1632999730334532_1512899106501414034_n

マニア的視点から

15420801_1632999703667868_4815636101399579856_n

15380802_1632999687001203_5974909274995222495_n

生きている蒸機はやはりいいものです。C57の端正な罐と1750mmの大動輪が急客機としての雰囲気を今に伝えています。戦前機のスモールエンジンポリシーの結果のライトパシフィック機。実は後年になってラージエンジンのほうがという話が出てきましたが、これは、これで日本の国土によくあった設計だったのではと思います。

いま 新潟駅は高架化の真っ最中。今度来るときには無味乾燥な高架駅になっているのかなとも思うと、この何気ない雰囲気も貴重になるのかもしれない。

15391129_1633006937000478_8247985805330371410_n

15400433_1633006953667143_783022658039371578_n

15349720_1632999993667839_7768507980650819842_n

新潟地区の115系電車は高架完成よりは早く、国鉄の元へ二度と戻らない旅立ちを迎えるようです。変な色だが、酷使の跡、もうじき捨てるのだからどうでもいいだろうとでも言いたげな保守状態。

 

15380780_1632999877001184_2182291355390271372_n

15350681_1632999943667844_4151234791075008481_n

今回乗車が叶わなかった、展望グリーン車を未練たらしく見に行きます。EF81形式がお供に来ていたのですが、すでに下がったあと。

15442251_1632999817001190_8606598421874625085_n

 

15442194_1632999867001185_3073763262609957986_n9999.jpg

同行の方が新潟観光大使との記念写真でご満悦なところをいただきました。

この加工しても、なお隠し切れない「ご満悦」な雰囲気!

 

15337428_1633007107000461_9064920915631257952_n

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

さて石炭(食料)と水(酒)も仕込んだので、発車を待ちます。

車内はこんな雰囲気です(クリスマス装飾が場末のスナックとかは言わない約束)

15442278_1632999833667855_6650941038567363983_n

新潟を発車して、新津駅までは信越本線をかつての急客機の本気な走りを堪能します。結構な速度に乗ってくるのですが、今日はどことなくスジが寝ているのかなという感じでした。

新津駅で小休止したあとは磐越西線に入ります。

雪は残念ながらありませんが、いい感じに寒い日なので蒸気の白煙がたなびきます。冬の蒸機が大好きなのは、この煙の感じに他なりません。途中結構な勾配もありますので、給水や石炭のかき寄せ、火床整理などが何度か行われまます。

15439776_1633007243667114_1807574939136930139_n

15401163_1633007260333779_8439868120247364628_n

15439932_1633007290333776_1823352759105237672_n

仕業標にメリークリスマス!

さてさて、沿線の見どころである山都駅を発車後にわたる一戸川橋梁。きょうも結構な人が見学に来ています。のなゆう総裁御乗用列車の通過ですよ

 

さてさて、列車は無事に会津若松駅に到着しました!

15390990_1633007427000429_5434305785349953766_n

カテゴリー: のなゆう総裁 談話室 | タグ: , , , , , , | コメントをどうぞ