函館一丁


みなさまこんばんは。

のなゆう総裁です。

北海道地震からの観光客減少に北海道復興割引なる、宿泊費補助制度が出来ました。なんと宿泊費半額「国」持ち‼️

いょっ!安倍ちゃん仕事早いね~

さて、職場の飲み会から帰ってきた酔っぱらい(@_@)

嫁「出かけない?\(^o^)/」

の「どこに?(@_@)」

嫁「函館❗️\(^o^)/」

の「いいね~ (@_@) 寝る❗️」

嫁「宿取れたよ!ふっこう割半額だよ。ラビスタ函館❗️\(^o^)/」

の「?!(@_@)」

嫁「じゃ出発!」

の「函館までは?(@_@)」

嫁「東北道で青森まで、あとは新幹線かフェリーで函館\(^o^)/」

の「まあいいか。急行八甲田ごっこだな(@_@)」

てなわけで車で北上‼️

深夜の海ほたる。作業員のみなさまによる保守作業。お疲れ様です!

当然、酔っぱらいは助手席

浅草のウンコビルを通過。自分の中では

「上野」発車!

自分の心では

こんな感じ。

浦和通過!

気動車だから黒磯通過だぜ!

阿武隈でだいたい夜明け。ほぼ、郡山かなあ。

越河なんていう地名のあたりは、やっぱり道も峠越え。

米沢への分岐だから福島だな。

今日は福島通過!(笑)

気仙沼方面分岐だから小牛田かな?

合併で知らない市町村ばっかりだし、道だからよくわからないけど、多分、一ノ関。通過!

盛岡近くで停車! 花巻あたりなのか?

朝飯兼昼飯で盛岡冷麺❗️

盛岡からは、花輪線コース。東北本線から、なんて迂回ルートなんだ(笑)

安比高原とかぬかしてる「竜ヶ森」通過‼️ ハチロク三重連のパンパンした、排気音を轟かせてやる❗️

大館を通らず、小坂鉄道を通るルートとは、急行八甲田ごっこにしては、訳のわからないルートになるが、いつの間にか

弘前が近くなる。岩木山も見える。これでは急行「津軽」ではないか。

やはり気動車だから多層建てのわけわからん車両に乗ってしまったのだろう。

13時頃、新青森に到着。ここからは、北海道新幹線に乗ることにした。

まずは、ラチ内で一杯

八甲田を降りて青森に着いた気になってきた。

自分のスマホから

を流し、急行八甲田ごっこが終わった。

しかし、これ

高くないか?連絡船の三倍だよ(-_-#)

まあ、気にしたら負けだろうからとりあえず乗る。

しかし、当該は人身事故の煽りを食らって一時間延。所定一時間前のヤツがきた。

最近のサボは撮影出来ないな。こんなのどうでもいいけど。

奥津軽今別通過。本当に新幹線か?こんな津軽の奥地に新幹線か?

キツネかタヌキが化かしているんじゃないか?

本当は、捨ててあるオハ61の中で誑かされているだけなのでは?

青函隧道突入。

在来線時代と違って窓が曇らない

いつもの、謎工場は確認しなかった。函館山も見えない。矢不来らしきあたりかなというあたりを通過

北海道新幹線の車両基地なんだろうと思う。

一応、渡島大野におろされる。終点らしい。

中間ラチを抜けると

電車がいる。ものすごい違和感だ。誰だオマエハ?

函館駅には183が棄て?られている。

たぶん。かつての3番4番ホームの成れの果て。おおぞら、北海、ニセコが発着した長いホームは、すっかり短くなった。蕎麦屋も、駅弁もキヨスクもなにもない。寂しすぎる。

もう、30年前か。長生きしすぎたかなあ。

ちょっと雨の函館。実は今日の深夜に台風通過らしい。

この間の台風で連絡船摩周丸は拝観停止。残念すぎる。遠くからお姿だけ拝む。画面中央に後部煙突とファンネルマークのJNRの御紋章が見えた。

夜は近くでラッキーピエロ 海峡ラーメンも、函館駅イカ天蕎麦も無くなったので、これが味覚の函館到着儀式になりつつある。

チャイニーズチキンバーガー

ラッキーカツ丼(要するにカツ丼(笑))

暫し歩く。インスタ映えするよね。ならばオッサンは退散。

最上階が温泉。露天風呂や、サウナからはしっかりと摩周丸が見えた。ありがたや、ありがたや。(^人^)

翌日はラビスタ函館名物の朝飯!

朝日に輝く朝飯たち。(笑)

ちなみに、ラビスタ函館で年間に消費されるイクラは13トンだそうだ。

ヨーグルトと蜂蜜。なかなか美味。

翌日は朝から交通麻痺。当たり前だな。

東急バスみたいな函館バスに乗って観光。(家族サービス)

五稜郭タワー

どうしても登りたいらしい。(こんなのゼッテーやだ!)

ここは、嫁娘チームだけで昇ることに。

こんなところにガラス床があり

こんな風に見えるらしい((((;゜Д゜)))

本当は五稜郭は、こうやって作りたかったらしい。

しかし、大人の事情で

三角の張りだしは一ヶ所だけ。

函館名物の「夜の函館山」、バスの車掌時代の用語では、「夜山一丁」

なんだか、鉄道屋では千葉~中野三往復とか乗務を「今日は中野三丁だよ」ってよく言う。

まあ、娘はみたことないらしいから、夜山一丁!

ちょうど日没頃。

電気が消えているが、函館駅と青函連絡船。これは、なくてはならないモノ。函館夜景の中心近くにある。いつまでもこの灯を絶やしてはならない。

函館山を降りて十字街ちかくに

旧丸井百貨店 函館地域交流センターがある。外観も素晴らしいが、

内部も素晴らしい

特に

東北以北で最古のエレベーター

操作(マスコン?)

動作状況

五階です。

素晴らしいです。これはオススメ❗️

もうひとつの名物「焼きとり弁当」

ハセガワストア 焼きとり弁当 は鶏肉ではなくて、豚肉。うまいんだなコレ

で、またラッキーピエロ

ジンギスカンバーガー

チーズカレー

畏れ多くも賢くも紀宮さま、これは民草の食べ物でございます。

市電の行き交う街っていいねえ。爺になったらこんな街に住みたいものだ。

さて、最終日。いよいよ北海道を離れる。

ボッタクリバーみたいなところは止めて

大人一人1600円の青函フェリー

あさかぜ21号で帰ります‼️素晴らしい名前。あさかぜ11往復体制ですか(笑)

ドウブツツマヌは打電されていないようです。牛さんです。

汽笛も、銅鑼もなく出港!

あれ、レッコーショアラインじゃないの?

バウスラスターが作動してオモテはだいぶ開きましたよ!

なにやら、国鉄とはだいぶ流儀が異なりますね。

元の有川の貨物便の桟橋付近。

連絡船で見た函館山の景色。変わらないね。

コレは近代化したね

♪ご覧あれが龍飛崎北の外れと~♪

こちらは仏ヶ浦の近く。もう陸奥湾に入る。

青森入港。三角のアスパムの近くには八甲田丸が。

国鉄と違って、入り船で入港。あれ~

どうするんだろ?って思ったら

こうやって降ろすのね。(笑)

さて、帰るついでに。

小坂レール【バイク】を体験します。

エンジン付きに牽引してもらうヤツ

四人で頑張るヤツ

のなゆう乗車の二人動力一人客タイプ(笑)

これは楽しいよ!\(^_^)/\(^_^)/

もうひとつ小坂レール【パーク】

いろいろ貴重だが、白眉は

素晴らしい。実際稼働する空調。A・B寝台は個室のみマルヨ可

素晴らしい施設は、ほかにも

楽しすぎ❗️こんどは趣味仲間でいきたいな。

広告
動画 | カテゴリー: のなゆう総裁 談話室 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中